弁護士になるための話

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

法律 弁護士

ビル

弁護士になるための話

弁護士になるには、どれだけ法律を知っていれば良いかという話をします。
試験に通るためのギリギリの学習よりも楽に簡単に合格する方が望ましいはずですので、一日中勉強をする覚悟が必要でしょう。
司法試験は、以前よりも窓口が広がっているとされていますが、何もせずに誰もが受かるほどハードルが下がってはいないからです。
そもそも、法律の勉強だけでなく何にでも当てはまるかもしれませんが継続できたかが重要なのです。
一日だけ10時間近く学習して他の日0よりも毎日2時間でもできた方が、反復しているだけに身に付くことも多いですし学ぶ量もハンパなく多いので途中で息切れしないようにすべきだからです。
長い期間同じことを繰り返すと飽きる場合がありますが、きっちり目標を持ったり新しいことに挑戦することでそうならずに済むでしょう。
弁護士になったらどんなに自分にとってメリットがあるかを紙に書いて、モチベーションを高めるのも効果的だと思います。